賢い注文住宅のためのハウスメーカー選び

車椅子を使いながら移動しやすい住宅

いつか自分も足腰を悪くして、車椅子を使いながら生活をする事になるかもしれないと考えているのなら、介護に適した一戸建ての注文住宅を購入しておきましょう。
車椅子を使いながらでも住宅内を移動しやすいように、家庭用エレベーター付きの注文住宅を購入する人も増えてきています。
現在では家庭用エレベーターも格安で導入できるようになっている上に、一人だけでなく複数の人間を乗せた状態で、階層を移動する事も可能です。
車椅子を押してくれる家族と一緒にエレベーターで階層を移動して、二階や三階の窓から景色を眺められるような、素敵な老後の生活を過ごせるよう工夫をしてみましょう。
車椅子を使う生活だからといって、ずっと一階の部屋だけで生活しなければいけないという事は絶対にありません。

バリアフリー以外にも高齢者に配慮をした住宅

住宅をバリアフリー設計にしておけば、老後の生活での苦労は減らせるだろうと考えてしまう人も多いですが、実際にはスペースの作り方にも注意が必要です。
車椅子を使った生活を過ごす事になる可能性を考えて、バリアフリー設計の一戸建ての注文住宅を建てるのであれば、玄関の広さにもこだわっておきましょう。
玄関のスペースが狭い住宅では、玄関で家族が車椅子を押しながら方向転換をする事が難しくなってしまいます。
家族数人が玄関で同時に靴を履き替えている状態でも、車椅子を押しながら方向転換をできるような、広々とした玄関を作り上げておく事がおすすめです。
車椅子に乗ったまま浴室やトイレに入れるように、スペースの作り方を注文住宅メーカーにアドバイスしてもらいましょう。

建売住宅を購入するにあたり、各地の不動産会社が取り扱っている物件の築年数や間取り、デザインなどを総合的に判断しながら、購入のタイミングを見計らうことが大事です。